消費者金融の評判を口コミ一覧でランキングしました!

消費者金融を選ぶときの基準は何でしょうか?日本貸金業協会によると、貸金業者として登録している数だけでも2014年には2,016社ありました。

 

これほどの数の貸金業があり、その多くは消費者金融でしょう。そう考えてみると消費者金融を選ぶということは容易なことではありません。

 

一つ一つの消費者金融を比べていけばいいのでしょうか?

相当に骨が折れる作業です。そこで活用したいのが、実際の利用者の口コミです。これから消費者金融を選ぶ人たちの言葉よりも、実際にその消費者金融を利用している方の言葉には参考になるものが多くあります。

消費者金融の評判はどのようになっているのでしょうか。
口コミをみてみましょう。

 

プロミス

最短1時間

 

プロミスを半年ほど前から利用しています。先日、増額についての案内をいただきました。まだそんなに利用しているわけではないから増額は難しいのかと思っていたんですが、翌日には希望額で増額可決の連絡をいただきました。プロミスさんはとにかく対応が丁寧で早く、今回も満足のいく結果となりうれしいです。今後も利用していきたいと思います。

増額 評価:3.5

 

いくつかのカードローンを利用していますが、なかでもプロミスは三井住友銀行での提携ATM手数料が無料なところが魅力ですね。カードローンによっては借入れのときだけでなく返済をするときにもATMを利用すると200円以上手数料が取られることも少なくないです。1回2回ならいいのですが、何回も繰り返しているとばかになりません。少しでも節約をしたいなら、プロミスはおすすめです。

節約志向 評価:4.0

 

おまとめしようと思い、いろいろな会社を検討して何社かに申し込んだのですがなかでも一番親身になって相談に乗ってくれたプロミスでまとめることに決めました。借金総額は4社で190万円あったのですが、うち1社はプロミスよりも少し金利が低かったので、それ以外の3社160万円をおまとめすることにしました。月々4回、合計8万円と苦しかった返済が、今は5万円で1回になりました。返済期間は延びましたが、余裕ができて楽になりました。

おまとめ 評価:3.5

 

プロミスの口コミをもっと見る

 

アコム

 

どうしても借り入れをしなければならない必要に迫られ消費者金融を探したところ、平日の14時までに手続きがすべて完了すれば借り入れができるというアコムにしました。必要書類をFAXで送信する必要がありて惑いましたが無事に借り入れができました。

会社員 評価:3.0

 

次の給料が入れば返すことができる金額だったので30日間無利息を使おうとアコムを選びました。契約翌日からの適用とは知らずに念のためにと早めに契約して1週間ほどだってから借り入れをしたところ無利息期間は短くなってしまいましたが利息も小さく済みました。

無利息 評価:3.5

 

楽天銀行口座があり振込キャッシングを活用しています。楽天銀行口座があると振込キャッシングが24時間対応になりますが、それだけではなく口座引き落としのほかに楽天銀行からのインターネット返済も使っています。アコムなら楽天銀行が有効に使えて気に入っています。

楽天銀行あるなら 評価:4.0

 

アコムの口コミをもっと見る

 

モビット

モビット

 

借り入れできる金額よりも、どんなサービスがあるのかに注目して選ぼうと思っていたところモビットを見つけました。WEB完結での申し込みが便利だとは思いましたが、カードによる借り入れを利用したかったのであえて通常のカード申し込みを選びました。カードの発行も無人の機械でできると聞いたので、誰かに会わなくてはいけないという不安もなくてよかったですね。

カード申込み 評価:3.5

 

前に妻に内緒で借り入れしていたのに、キャッシング先から郵便物が来てしまってあっさりばれてしまいました。その時はすぐに解約したのです(正確には妻に解約させられたのです)が、またお金を借りる必要が出てきました。今度こそばれてはいけないと、モビットのWEB完結を選ぶことにしました。電話連絡だけでなく郵便物もなく、カードもなしです。妻は財布をどんどん見るのでカードの保管場所は苦労するのですが、カードなしでも借りられるのならこのほうがばれる確率は低くなると思っています。

家族にバレない 評価:4.0

 

モビットはなんといっても、WEB完結に魅力を感じて申し込みました。三井住友銀行の口座を持っていましたし、(三菱東京UFJ銀行の口座でもOKみたいです。)加入している保険の種類も条件を満たしていたので、全く電話連絡などなしで契約できました。やっぱり自分にとって一番気になっていた、勤務先への在籍確認もなかったのでモビットにしてよかったですね。家族にも会社にも全く知られることなく、契約までとてもスムーズでした。

WEB完結 評価:3.5

 

モビットの口コミをもっと見る

 

消費者金融は怖くない?

消費者金融というと怖い借り入れ先という不安があるかもしれません。銀行カードローンであればどうでしょうか。おそらくその銀行という言葉だけでも十分な安心になるはずです。

 

現在の消費者金融は銀行系列となっているところが非常に多いものです。例えば、三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループです。消費者金融はどこのだれが運営しているのかわからないというものではなくなりました。

 

また消費者金融には貸金業法という法律があります。2010年に貸金業法が改正され、利用者である私たちにも公平に作られた法律です。

 

利息制限法があり、出資法があり、総量規制があります。個人は適正な金利で、適正な融資を受けられるようになりました。数ある消費者金融からどこを選ぶのか、非常に重要なことです。

 

その中ですでに選択肢が絞られていればどうでしょうか?全国すべての消費者金融を比較することは難しいものです。大手消費者金融から安心ができるだけではなくサービスが充実しているキャッシングを目指しましょう。

 

重要ポイント
消費者金融を安全に利用するための貸金業法があります。私たちにとっても重要な法律になりますので確認をしておきましょう!

 

すぐにキャッシングがしたい人の消費者金融の選び方

今日明日中には借入をしたいというほど急いでいるときでも消費者金融は可能性があります。これがいわゆる即日融資です。

 

申し込みをした当日に借り入れまで進むことができるというものになりますが、消費者金融は即日融資も充分に可能性があります。

 

比較の対象として銀行カードローンについてみてみましょう。

 

銀行カードローンは申し込みから借り入れまでには時間がかかります。3営業日、これが一般的です。審査に時間がかかっているのか、それとも単に急いでいないだけなのか。

 

銀行カードローンでは3営業日というのは別段珍しいことではありません。また即日融資可能となっていたとしても、実際には用意しなければならない書類が多かったりと、準備だけでも時間がかかります。

 

一方で消費者金融は、インターネット申し込みを使っても即日融資の可能性があります。

 

借り入れの方法を時間を見ながら決めたら、契約方法も考えましょう。インターネットで申し込みをして審査結果を受け取れば後は契約するだけの簡単な手続きです。

 

賢く使いたい人の消費者金融の選び方

消費者金融の中には無利息期間が用意されているキャッシングもあります。プロミスなら30日間無利息、アコムもまた30日間無利息です。

 

どちらも30日間無利息であればどちらを使っても同じだろうと思われるかもしれません。

 

それは違います。

 

アコムは契約翌日からの適用となっていますが、プロミスははじめての借り入れ翌日からの適用となっています。

 

口コミでもありましたが、事前に契約をして必要があれば借入をするという場合、アコムでは十分に無利息期間を活用できないことになってしまいます。

 

無利息期間を有効に活用する方法を考えて、消費者金融を探しましょう。

 

消費者金融とうまく付き合うために

返済の計画を立てることは、各消費者金融の公式ホームページにも返済シミュレーションが用意されているため難しいことではありません。

 

しかし、借入の計画も立てなくてはなりません。いくら返済の計画を立てても必要以上に借入をしてしまったのであれば返済は長くなる一方です。

 

借り入れは必要最低限に抑えなくてはなりません。例えば、3,000円が必要なときに5,000円も1万円も借入をする必要はありません。
また、借入残高を5万円以上にしないというルールでもよいでしょう。

 

自分のことをよく知っている自分だからこそ決められるルールがあるはずです。いざ利用を始めてしまえばその便利さに惑わされてしまうこともあるでしょう。だからこそ、利用を始める前の今、キャッシングのルールを決めておきたいものです。